blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

作業療法士は知っておきたい麻痺側下肢を効率的に非麻痺手で持ち上げるコツ

f:id:blueskycarp:20210712112702j:plain

みなさん こんにちは 健康と幸福を促進する作業療法士blueskycarpです

 

作業療法士は怪我や病気で難しくなった生活に必要な動作の再獲得を支援します。

 

必要な生活動作として下衣、靴下、靴の着脱があります。

 

特に重度の運動麻痺になると靴、靴下、下衣を履く時には麻痺側下肢を非麻痺側の手を使って持ち上げ、非麻痺側下肢の大腿上に乗せる、組んでの動作の学習と習得が必要になります。

 

この動作の習得は案外難渋する事例が多いというのが僕の実感です。

 

特に股関節の硬さ、そして重たい麻痺側下肢を非麻痺側上肢で持ち上げることができない事例を経験します。

 

そこで今回は麻痺側下肢をより効率的、機能的に非麻痺側手で持ち上げるコツについて共有します。

 

 

コツはズバリ「非麻痺側下肢の踏ん張る力の強化、学習する」です

 

麻痺側下肢を持ち上げる、挙上、屈曲させるにはそれに拮抗する力が必要になります。

 

その拮抗する力として非麻痺側下肢、足底で床をしっかり押す、つまり伸展方向の力をしっかり発揮できる必要があります。

 

非麻痺側の足底でしっかり床を押すことで麻痺側下肢が持ち上がりやすい状況が作り出せます。

 

 

さらに床を押す力は股関節の伸展、内転、外旋で押す、足部の外側で押すことができるとさらに効率的、機能的になります。

 

この使い方をまずは背臥位で練習し、学習、強化します。

 

そして座位でもしっかり床を非麻痺側足底で押せるように練習、強化します。

 

座位での練習の際には体幹が後方に傾かない状態で床を押せることが重要になります。

 

事前に腹部の筋活動を強化、促通しておくことも必要です。

 

上記の身体運用がしっかりできるようになったらようやく麻痺側下肢を持ち上げる練習に入ります。

 

持ち上げる際の非麻痺側手の使い方についてですが、麻痺側下肢のどこをもって持ち上げると楽かはかなり個人差があるので、作業療法士側の考え方を柔軟にして様々試せる方が良いと考えています。

 

 

麻痺側下肢を効率的に持ち上げるための一つのコツ、強化学習の戦略について共有してみました。

 

コツは非麻痺側の足の使い方にありました。

 

見落としがちな視点、強化のポイントなのでぜひ対象者のトレーニングに加味されることを期待します。