blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

作業療法士は知っておきたいPNFテクニック②コントラクアンドトリラックス

f:id:blueskycarp:20210425104942j:plain

みなさん こんにちは 健康と幸福を促進する作業療法士blueskycarpです。

 

作業療法士は病気や怪我で困難になった生活動作の再獲得を支援します。

 

生活動作の獲得のためには十分な身体の運動性、可動域が必要になります。

 

今回は身体の運動性、可動性を改善させるためのPNFテクニックであるコントラクトアンドリラックスについて、その技術と背景について共有します。

 

 

コントラクトアンドリラックスは筋肉のリラクゼーションテクニックです。

 

筋肉の短縮を改善するためにストレッチ(持続伸張)の前段階とし実施し、効果的に短縮筋のリラクゼーションを促し可動域の拡大を図りことができます。

 

 

手順は以下の通りです。

 

対象とする短縮筋の最大伸長位、つまり最終可動域まで他動もしくは自動運動で誘導します(もちろん痛みがない範囲です)。

 

最終可動域でのポジションを作業療法士が保持した状態で、短縮筋の弱い等張性収縮を10秒程度、対象者に求め促します。

 

具体的には作業療法士が保持している四肢の手を軽く押してもらうよう求めます。

 

この時作業療法士は対象者の押す力に拮抗するように四肢のポジションを維持します。

 

10秒程度の収縮の後は対象者に力を抜いてもらいます。

 

この時短縮筋は、Ib抑制による収縮後弛緩が生じるためリラクゼーション効果によって効果的なストレッチが可能になります。

 

そしてコントラクトアンドリラックスを反復し、効果的なストレッチによって可動域拡大を確認できたら、最終的には対象者に拡大した可動域までの自動運動を求め、拡大した可動域を保つための動筋の促通、強化を図ります。

 

 

PNFでは可動域を広げる支援においても、常に対象者に能動的に治療、トレーニングへの参加を求めます。

 

そして常にポジティブな機能を活用することでネガティブな機能の改善を図っていきます。

 

作業療法士としてコントラクトアンドリラックスを知り、活用できることは、対象者により能動的な治療、トレーニングへの参加を促し、自身の力で心身機能を改善できることを実感できることに寄与できます。

 

そしてそのことが対象者の自己効力感を高め、退院後の生活においても自身の体のケアや健康づくりに取り組める土台を提供できると考えています。

 

心身機能の改善において対象者の能動性をより引き出したい作業療法士は、コントラクトアンドリラックスを実践すると良いのではないでしょうか?

 

PNF in Practice: An Illustrated Guide

PNF in Practice: An Illustrated Guide