blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

作業療法士は知っておきたい片麻痺患者さんのトイレでの下衣操作獲得を支援のコツ

f:id:blueskycarp:20201123223655j:plain

みなさん こんにちは 健康と幸福を促進する作業療法士blueskycarpです^_^

 

今回は片麻痺患者さんのトイレでの下衣操作獲得を支援するコツというテーマです。

 

片麻痺患者さんがトイレ動作が独力できることは、自宅退院を実現するにおいて非常に重要なファクターとされています。

 

特に回復期ではトイレ動作の自立は自ら離床できる能力の獲得とともに優先して取り組まれる支援や目標設定です。

 

今回提案するコツの患者さんのイメージは、手すりを把持して立位保持はなんとか可能であるが、手すりから手を放して下衣操作をすると二本足では支えることができず立位のバランスがうまく保てないため下衣操作が難しいといった状態の方を想定しています。

 

そういった方を支援する際はまずは非麻痺側の身体(肩)を壁面もしくは縦手すりにもたれかかって下衣を操作するという戦略を誘導します。

 

ここでポイント、コツがあります。それは非麻痺側の足部の位置です。

 

よく経験するのは患者さんがもたれかかった際に、非麻痺側の足部が壁面に近すぎるもしくは縦手すり直下に位置にしてしまうことで立位バランスが保てなくなることです。

 

もたれかかった際に非麻痺側の足部が壁面に近すぎる、足部が縦手すり直下の位置になると重心位置が非麻痺側の足部の支持基底面内に入らない状態になってしまい支えれない麻痺側に倒れてしまう力学的な関係になってしまいます。

 

ポイント、コツはもたれかかった際に重心線の真下に非麻痺側の足部が位置するように促すことです。

 

僕はそのために足部の位置を床面にマーキングすることが多いです。

 

口頭で支持してもうまく伝わらないことが多いので、マーキングして視覚的に提示する方が患者さんにも理解してもらい易いです。

 

重心線の真下に非麻痺側の足部が位置することで非麻痺側下肢優位ですが安定した立位保持が可能となり、下衣操作のために非麻痺手を手すりからは離すチャンスが生まれます。

 

まだ麻痺が重度で十分に支えれない脚の状態での動作の獲得は今回提案した戦略やコツでを支援していきます。

 

もちろん長期的には機能の改善を促し麻痺側下肢も支持に参加できるようにトレーニングし、対称的な立位での動作の獲得を目指していきます。

 

ぜひ今回提案したポイント、コツを踏まえた支援を実践してみてください^_^