blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

作業療法士は知っておきたい健康行動を促進するコツ

f:id:blueskycarp:20200707112510j:plain

作業療法士は対象者の健康と幸福を促進する専門家です。

 

作業療法士は対象者に健康につながる行動を動機付け、習慣化を支援する役割があります。

 

しかしこちらが提案した機能回復のための自主訓練や健康 につながる生活の過ごし方が、実は取り組まれていないということを多く経験します。

 

結果、対象者の行動変容に繋がらないことを対象者の意欲や性格などの個人因子に帰結して考えてしまうこともあります。

 

作業療法士は健康行動の習慣化、行動変容をより効果的に支援するためには、その為の知識と技術を強化する必要があります。

 

今回は対象者の健康行動を促進するコツについてまとめていきます。

 

 

対象者の健康行動を促進するためには、健康行動が起きる時、状況とはどんな条件なのかを知っておくことが役に立ちます。

 

健康行動が起きる条件①「何をどうしたらよいかが明確である」

いつ・どこで・何を・どのくらいするのか、取り組むのか、目標設定の条件としては当たり前のことですが、意外と曖昧な提案になっている場合があります。

 

改めて作業療法士としての提案が具体的、明確であるかを点検しましょう。

 

 

健康行動が起きる条件②「そうすることが自分にとって大切、重要であるという認識がある」

個人の価値に基づいている課題、活動を設定することは作業療法士にとっても大事な視点となります。

 

対象者の大事にしている活動や生き方とつながる形での設定を一緒に考えることが重要です。

 

 

健康行動が起きる条件③「それによる良い結果が期待できる」

この場合の良い結果は長期的視点での提案よりは、短期的な視点での提案が動機付けが強いとされています。

 

ヒトは遠い将来よりも、すぐに現れることに動機付けられる特徴があるからです。

 

提案した取り組みによる短期的なメリットをしっかり伝えましょう。

 

 

健康行動が起きる条件④「さほどの苦痛や労力を払わない」

課題の難易度設定という意味で、比較的簡単であること、楽にできること、すぐに始めることができるという条件を設定します。

 

逆に習慣化できないということは難易度が高いと考えることができます。

 

難易度を落としてスモールステップで取り組める課題、行動から提案しましょう。

 

 

健康行動が起きる条件⑤「何とかできそうと思える」

バンデューラが提唱した「自己効力感」を感じれることが、行動変容、習慣化には重要です。

 

そのためにも条件④を意識した設定を考えましょう。

 

 

健康行動が起きる条件⑥「対象者自身が決める」

最後は自己決定、そしてコミットメントの力です。人から与えられた課題、行動ではなく自分自身で決めたことに基づくことが重要です。

 

作業療法士はその為に、対象者が「どうなりたいか」を的確に把握し、すこし頑張ればできること、できそうなことを一緒に探すという姿勢での支援が重要となります。

 

 

以上 健康行動を促進するコツについてまとめてみました。参考になれば幸いです。

 

 

参考文献

シンプル&ミニマム 保健指導・行動変容支援ガイド 実践ワークシート付

シンプル&ミニマム 保健指導・行動変容支援ガイド 実践ワークシート付

  • 作者:足達 淑子
  • 発売日: 2019/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)