blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

作業療法士の為のPNFアプローチ②【CKCで肩甲骨の安定化をトレーニングせよ】

f:id:blueskycarp:20190729223225j:plain

2019/7/21〜23、米子にて本邦初開催であった「作業療法のためのPNFアプローチ」の内容についてまとめています。

 

講師はドイツの理学療法士でIPNFAシニアインストラクターとボバースアドバンスインストラクターであるベネディクトブーマー先生。

 

内容は手、上肢機能の回復とそのトレーニングに焦点を当てたもので、神経学と運動学を背景にPNFとボバースに基づく治療、トレーニングの提示がありました。

 

前回の記事では上肢手の機能回復のためにまずは姿勢制御のトレーニングについてまとめています。 

www.blueskycarp.com今回は姿勢制御を背景として、肩甲骨の安定化のトレーニングについてまとめます。

 

上肢が空間を移動し手指を操作のために使うためには、Scapula settingつまり肩甲骨の下制内転位で動的に安定する必要があります。

 

肩甲骨が上肢の重さを支えるアンカーとして機能する必要があるわけです。

 

Scapula settingのトレーニングとしては2つ提示がありました。いずれも随意的に肩甲骨を動かせないを想定したトレーニングでした。

 

1つ目のトレーニングは座位で麻痺側上肢を机上に乗せて支持に使用しながら体幹を動かす運動課題でした。

 

          動画添付予定

 

2つ目のトレーニングは麻痺側側臥位にして上肢を支持にしながら上部体幹を対側に回旋させる運動課題。

 

          動画添付予定

 

いずれもclosed kinetic chainのトレーニングで、遠位(上肢)に対して近位(体幹)を動かす運動課題を通じて肩甲骨の下制内転の筋活動を促通するものでした。

 

また2つの課題とも大胸筋と広背筋を遠心制に使う動きとなり、代償による過緊張を軽減することにつながるとの提示がありました。

 

さらに非麻痺側の肩甲骨、上肢から抵抗をかけることでイラディエーション(発散現象)による麻痺側肩甲帯、外旋筋群の促通を図ることも提示がありました。

 

        動画添付予定

 

遠位に対して近位を動かすという運動課題はボバースに基づく戦略で、麻痺側身体からの抵抗を通じて筋活動を促通する戦略(イラディエーション)はPNFに基づく戦略でした。

 

 

いずれの戦略も患者さんは受け身でなく、ポジティブな運動機能を活かした能動的なトレーニングとなっていました。

 

 

次回は随意性のある事例を想定したopen kinetic chainでのトレーニングについて紹介します。