blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

移乗動作の介助のコツ

   今回は移乗動作、介助のコツについて2点提示します。対象者のイメージとしては下肢の支持性は発揮できるが、特に臀部の回旋の誘導、介助が難しい方を想定しています。

 

  まずは移乗動作において臀部が回旋する基本原則を押さえる必要があります。この原則を知らないことで、介助する側が動きを邪魔していることが多いからです。その原則とは「臀部が回旋する方向と反対方向に頭部・上部体幹が回旋する」というものです。

 

  よく見受けられるのは介助者の体で頭部・上部体幹が回旋する空間を塞いでいることで、臀部の回旋を阻害、移乗動作を難しくしているケースです。基本的に介助者は頭部・上部体幹が回旋するための空間を確保した立ち位置、距離感、接触を考え、実践する必要があります。

 

  2点目は座位保持が不安定、プッシング(麻痺のある方向に無意識に押してしまう現象)のある方の介助のコツです。教科書的に移乗動作は、非麻痺側、健側方向に介助、誘導するとありますが、上記のような方は、むしろ麻痺側方向に臀部の回旋を誘導するほうがスムースに移乗動作を介助、誘導することができます。ベッドから車椅子方向であれば、非麻痺側の手をベッド面についてもらって、その手を支持、軸にして誘導します。車椅子からベッド方向であれば、非麻痺側の手で車椅子の肘受けを押す、そしてその手を軸に臀部を回すように介助、誘導します。

 

  以上は、経験を重ねているセラピストであれば気づいているポイントですが、若いセラピストは知らない、気づいていないことが多いようです。移乗動作をうまく誘導、介助できないケースに対しては、介助する自分自身の体の使い方や教科書から離れた発想に基づく方法も引き出しとして持っておくと、お互いに体を傷めずに動作を介助、促すことが可能です。