blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

問題解決型アプローチと解決志向型アプローチ

  作業療法は対象者が抱える生活、経験上の問題を解決・解消し、よりより生活・経験を支援する方法論、技術であると考えています。

 

  問題を解決するにあたってのアプローチは2つあるとされています。

 

  一つは問題の原因を分析、特定し、その原因を解消することで問題を解決するアプローチ=問題解決型アプローチです。作業療法の領域であればある生活行為ができない原因を、筋力や可動域などの身体要素に分解、特定し、筋力を強化する、可動域を広げるといった戦略をとるやり方です。つまり弱みに着目してその弱みをなくす、軽減することに主眼を置きます。

 

  もうひとつのアプローチは、問題の原因追求はせず、問題がない、解決した状態を想定して解決に役立つ利用可能な資源、つまり対象者のもつ既存の能力、可能性や強みに着目、活用するアプローチ=解決志向型アプローチです。このアプローチはカウンセリング領域、短期療法(ブリーフセラピー)の理論に基づくとされています。解決志向型アプローチでは、現状で変化可能、変化しやすい要素にアプローチすることで、まずは問題が生じている状況の変化を作り出すことを意図します。その中心哲学は至ってシンプルです。

・ルール1:もしうまくっているのなら、変えようとするな。

・ルール2:一度やって、うまくいったのなら、またそれをせよ

・ルール3:もしうまくいっていないのであれば、(なんでもいいから)違うことをせよ

 

 

   医学では基本的に病気や障害という問題を解決するため、ネガティヴな側面つまり異常値や弱みを抽出、着目しアプローチする戦略を取ることが多いと思います。一方で作業療法が対象とする人の生活や経験上の問題は、その原因が何か一つの現象や要因であることは稀で、複数の要因の相互作用と考えます。

 

  作業療法士は、身体ー環境ー作業という3つの視点(PEOモデル)で問題を捉え、解決していこう考えます。これは人の生活、経験の遂行(作業遂行)を身体ー環境ー作業の相互作用の結果として捉えるフレームワークです。それぞれのサブモデル、身体、環境、作業のネガティブな側面の解消、軽減のためのアプローチだけでなく、状況変化を生み出せる、もしくは生みやすいポジティブな要素の利用、強化を図ること、つまり解決志向型アプローチを採用することも、対象者の回復と社会参加を促すための大事な戦略であると考えています。

 

解決思考型アプローチを学ぶための書籍を提示しておきます。

森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー

森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー

 
ブリーフセラピーの極意

ブリーフセラピーの極意

 

 最後に紹介する書籍は解決志向型アプローチの考え方をリハビリ場面に応用した内容が記載されているものです。とても読みやすく目からうろこの内容です。

PT・OTが現場ですぐに使える リハビリのコミュ力

PT・OTが現場ですぐに使える リハビリのコミュ力