blueskycarp’s blog

作業療法士による人々の健康と幸福を促進する為のブログですm(_ _)m

価値観を捉えてその人らしさを支援する

「 その人らしさを支援する」とは、以下の書籍では「対象者の価値観を実現できる作業ができるように支援すること」とされています。 高齢者のその人らしさを捉える作業療法 作者: 籔脇 健司 出版社/メーカー: 文光堂 発売日: 2015/03/20 メディア: 単行本 こ…

立ち上がり動作の観察のコツ

立ち上がり動作は基本動作でありPTの守備範囲です。しかしトイレ、入浴、更衣などの生活動作ではそれらの動作を立位で遂行するための通過動作として必要であるため、OTとしてもその遂行度を評価できる必要があると考えています。 今回は下肢の筋力はあるのに…

ROMexのコツ②〜ボジティブな機能を活かす方法〜

新人さん向けにROMexのコツについて指導したことをまとめてみます。 ROM exでは可動域の拡大を意図して、最終域で筋肉や軟部組織をストレッチする方法が一般的、標準的なアプローチであると考えています。ただその方法で可動域が拡大できればいいですが、う…

父親に対する作業療法

昨年から遠方に暮らす両親の健康管理のサポートを行なっています。74歳の父は退職後ガンが見つかり何度かの入院で放射線治療、抗がん剤治療を受けました。幸い寛解してきましたが今後も通院治療が必要です。68歳の母は長年患っているうつ病が悪化し半年間入…

強みを知る方法

ピーター ドラッカー 「何かを成し遂げられるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない」 ジョン マクスウェル 70:25:5の法則 「何かを成し遂げるためには、自分の強みを利用し伸ばすために時間を費やすことに70%、自分の強みに繋…

生活期を見据えた回復期リハのあり方

これからの回復期リハは将来の入院期間の短縮を見越して訪問リハ、外来リハ、通所リハ、地域包括ケアといった生活期のリハを見据えた関わりが重要であるとされています。回復期リハの入院期間だけで対象者の回復、健康、幸福の促進を完結させることはできま…

あぐらでROMex

先日新人さんにROMexのこつを指導しました。具体的には肩甲骨の動きの評価と評価に基づいた動きの引き出し方について指導したのですが、肩甲骨の動きや動きを邪魔している組織がよくわからないとのことでした。 わかるようになるポイントとして、手を柔らか…

給料は増えなくとも収入は増やせる件

ツイッターで「理学療法士は勉強会に行っても給料増えないよ」とのツイートがありました。 作業療法士も同じです。いくら本を読んだり、研修に行って技術を身につけても、それに応じて給料が上がるわけではありません。医療という枠組みの中で働くことの多い…

作業療法士の為の幸福学⑩

作業療法士の為の幸福学⑩、今回は作家、橘玲氏の以下の書籍に基づいています。今回の幸福学は対象者の幸福というよりも、自身の人生設計を考えためのヒントになる内容です。 幸福の「資本」論―――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 …

デスクワークで煮詰まった時の対応

管理業務が主になりデスクワークが多くなりました。 ルーチンにこなす作業、業務であれば機械的に処理することができます。一方でこれまでの業務を見直して効率化、円滑化するための業務改善やより質の高い業務を考えるといったクリエイティブな内容ではどう…

レジリエンス

レジリエンスとは「逆境や困難、強いストレスに直面した時に適応する精神力と心理プロセス」「精神的な回復力」と定義されている用語です。 人生において変化や困難、危機はさけられないものであり、変化に柔軟に適応する能力がもとめられます。 私ごとです…

希望とは何か?

「リハビリでの希望は何ですか?」「希望は何かありますか?」 臨床でよく耳にするやりとりです。 希望とは何か?最近「希望学」という学問領域があることを以下の書籍で知りました。2005年に東京大学で希望のもてる社会とはどんな社会かを明らかにする学問…

思考がフリーズする時の対応

仕事でミスをすることがあります。ミスを上司に報告、その後の対応を相談します。緊急性が求められる事態であれば 「どうすんの?」 と詰め寄られることもあります。 そんな時、思考がフリーズし、その後の対応についてどうすべきかうまく返答できなくなるこ…

端座位練習のコツ②

前回記事、端座位練習の記事が好評だったので、今回は後方へのつっぱりが非常に強い方の端座位練習のコツ(誘導の仕方)についてまとめてみます。 特に脳損傷後、全身状態が安定せず長期臥床状態で回復期に転院してこられた方に多いと感じています。座位に誘…

端座位練習のコツ

今回は端座位練習のコツについて具体的な手続きを記述しながらまとめてみます^_^ 昨日代行で入院間もない70代左片麻痺の男性を担当しました。意思疎通は可能ですが、手足の麻痺は重度で車椅子座位でも左に体が傾いています。申し送りではプッシャー現象があ…

お金が自由になったらやりたいこと

引き続き少子高齢化、人口減少社会にそなえて、つまり国や組織に頼らない人生設計のためにお金、資産運用についての勉強をしています。 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法 作者: 柴山和久 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発…

経済的独立にむけて

社会人、作業療法士として働き出してこの4月で22年になりました。昨年の後半より親の医療介護問題を契機に、お金、資産形成について勉強をはじめ、行動を起こすこと(副業、資産運用)にしています。またこれからの日本の状況、つまり高齢化、人口減少による…

座り過ぎに対するマネジメント

昨日、管理業務の合間に訓練室に顔を出してみると、僕の担当の患者さん(重度の右片麻痺の男性)が介護士さんと一緒に車椅子で訓練室に来られていました。患者さんの表情も硬かったのでどうしたのか尋ねてみました。 介護士さん曰く落ち着きがないため、車椅…

作業療法士の為の身体接触と動作誘導のこつ

作業療法士は対象者さんの生活動作を再構築し社会参加を実現するために、身体ー環境ー作業の3つの側面から介入し問題解決を図っていきます。介入モデルにはには回復モデル、代償モデル、習得モデルがあり、適宜目的と状況に合わせてモデルを選択していきます…

作業療法の理解を促進するYouTubeチャンネル

今回は僕がお薦めするYouTubeチャンネルの紹介です。いずれも短い時間でラジオ感覚、ながら学習できるコンテンツです。 www.youtube.com まずは吉備国際大学准教授の京極先生のチャンネルです。圧倒的な知識と臨床研究に基づく作業療法に関する動画はさるこ…

京極先生を追っかける

圧倒的な勉強量と守備範囲の広さ、情報発信力を兼ね揃える吉備国際大学の京極先生の動向を、常にフォローして、周りの人にお薦めしています。 京極先生を知ったのは信念対立解明アプローチの理論書です。 医療関係者のための信念対立解明アプローチ: コミュ…

新人のうちに習慣化しておきたいこと

いよいよ新年度が迫ってきました。新たな環境での活躍のために新人のうちに習慣化しておきたいことは、ずばり運動習慣です。 僕は今年44歳、22年目の作業療法士です。年齢を重ねれば重ねるほど、身体の重要さを痛感しています。若いうちはあまり気にすること…

気の乗らない業務をいかに遂行するか?

仕事上、義務としてやらなくてはならないけれど、気の乗らない業務というものが誰にでもあるでのはないでしょうか。 僕の場合は、カルテ記載、定期の評価入力、リハビリ計画書、連携パスの入力、退院時サマリーなどの一連の記録業務、そして休日や週休者のた…

訓練が終わった後の対応

僕の職場(回復期)はセラピストが患者さんの訓練の送迎も含めて対応をしています。訓練が終わると患者さんを病棟へと誘導します。患者さんによってデイルーム、食堂、ベッドで安全に過ごせるように最後まで対応します。今回の記事では特に重度の機能障害の…

枕の調整

安楽に睡眠・休息を取るために、臥床環境を整える、ポジショニングを設定することも回復期のセラピストの役割です。特に機能障害が重度で自力でほとんど身動きできない対象者については、不動による循環不全や痛み、そこから派生する異常な筋緊張や廃用を予…

家屋調査のコツ

対象者の退院後の生活状況をリアルに確認でき、より生活に即した支援、作業療法を提供する上で家屋調査は、絶好の機会になります。ただ絶好の機会ですが、現実には時間的な制約があり、効率よく実施する必要があります。今回は効率よく効果的に実施する為の…

作業療法をどう説明するか?

今日は作業療法を勉強する1年生さんが2時間という短い時間ですが見学に来てくれました。前半は上司が病院全体とOT室の概要を説明。僕はその後OT室での臨床場面の見学の対応をしました。実際に患者さんが作業療法を取り組んでいる様子を遠目に見てもらいなが…

認定作業療法士は取得すべきか否か

認定作業療法士(専門作業療法士)の取得を皆さんはお考えでしょうか?かくいう僕は認定作業療法士の取得どころか、現職者共通研修さえも終了していません。その理由は以下のとおりです。 ①協会の研修を受講する、認定作業療法士を取得するインセンティブを…

療法士にとっての全身調整運動

皆さんは朝一番の診療に取りかかる前、どのように過ごされていますか? カルテからの情報収集、申し送りの参加、スタッフとの情報共有など診療をする前にやるべきことがたくさんあるかもしれません。目や耳からの情報をたくさん準備して診療に臨みますが、身…

ROMexのコツ〜ダイナミックタッチ〜

身体障害領域の作業療法では、患者さんの機能を最大化(機能障害の軽減)し、望まれる作業を実現するための手段として可動域、運動性の拡大を図る技術が引き出しとして必要となります。一般的にROMex、ストレッチ、リリース、モビライゼーションなどど表現さ…